日本高野連が運営委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大により、夏の甲子園大会中止を決めた。高校球児たちにとっては、残念であるが、賢明な判断であったと思う。また、強豪校と呼ばれる高校は、この状況を予測し、プロ野球や大学、企業に向けて、選手のプロモーションビデオを作成し、次のステージの準備をしている。環境をマイナスに捉えずに行動する。さすが強豪校だと感じました。でも何か大会を開催してあげてほしいのが本音です。

関連する記事
コメント
コメントする